極めて個人的なことですが、嬉しかったのでブログに記します。

2002年に大学を卒業して以来、14年間毎月返済し続けてきた日本学生支援機構の奨学金が、ついに返還完了となりました。

総額2,200,000円。

今この歳になってみればそれほどびっくりするような額でもないですが、大学卒業した頃はとてつもない借金を背負った気分になったことを覚えています。しかも卒業後の進路も何も決まっていない状態だっただけに尚更…。(プロフィール参考

前倒しで返済しようと思えばできたのですが、私が借りていたのは無利子の奨学金で特に前倒し返済するメリットも無かったのと、手続きが面倒だったこともあり、毎月地道に返し続けてきました。(ちなみに東京にいたころ、市ヶ谷の日本学生支援機構のオフィスから歩いて15分くらいの場所に住んでいたので、住所変更などで何度か行ったことがあります。その頃はまだ名称が育英会だったな~)

とにかく「ひと区切りついた」という気分なので、これからまた気持ちを新たに頑張っていきたいと思います。

PS.
今回ブログを書くにあたって育英会(どうしてもこの名称で呼んでしまう)のホームページを見てたら、「トビタテ!留学JAPAN」のページを発見しました。これって育英会のプロジェクトだったんですね。おおいたIT人材塾で一緒の学生さんがこれでシリコンバレーに行ったという話を聞いていたので、自分の若い頃にもこんなのあれば良かったのにな~と、とても強く思いました。羨ましい!